登戸クリニック

ご予約・お問合せ
044-933-7600

登戸クリニック

MENU

当院の特長

FEATURE

Feature当院の特長

医療安全対策

医療安全対策

  • 当院では皆様に安心・安全な医療を提供するため、医療安全対策委員会、医療機器安全管理委員会、
    医薬品安全管理委員会、感染対策委員会を設置しています。それぞれの委員会が定期的に話し合いや
    情報収集を行い、より安全な医療の在り方をスタッフ全員で考えます。
  • 極力ミスを減らせるよう電子カルテや透析支援システムを導入し、安心して透析治療を受けていただく環境づくりに努めています。

透析の質へのこだわり

透析の質へのこだわり

  • 透析液管理の徹底 不純物を含まない「ウルトラピュア」な透析液は、治療中の血圧低下やかゆみを抑え、身体にやさしく透析合併症を予防します。臨床工学技士が定期的に水質検査を実施し、厳しく管理しています。
  • 至適透析 月2回以上の血液検査と定期的に透析効率を確認し、それぞれの患者さんに合った透析治療を提供できるよう見直しをしています。
  • on-line HDF 通常の透析では除去することが難しい分子の大きな尿毒素の除去に優れ、透析アミロイド症の進展抑制や関節痛や皮膚のかゆみなどさまざまな改善効果が期待されます。
オンラインHDFで期待できる臨床効果
  • 透析アミロイド症の発症や進展の抑制
  • イライラ感、下肢のむずむず感などの改善
  • 腎性貧血の改善
  • 栄養状態の改善(食欲抑制物質レプチンなどが除去)
  • 透析中の血圧安定

合併症対策

合併症対策

血液検査・レントゲン・血管超音波・SPP・心電図などを活用し、日々の細やかなスタッフによる観察で合併症の早期発見に努めています。

  • フットケア 透析患者さんは動脈硬化により足の壊疽を起こしやすく、日常生活に大きな影響を与えます。定期的な足の診察と皮膚還流圧の測定を行い、糖尿病や動脈硬化による足病変の早期発見早期対応に努めています。
  • シャント管理 シャントなどのブラッドアクセス(VA)は、血液透析治療を受けるうえで必要不可欠です。当院では定期的にシャントの超音波検査を実施することでVAが高水準で維持され、質の高い透析治療ができるようにしております。
  • 誕生日検診 年1回誕生日を目途にCT、MRI、超音波検査、胃カメラなどの検査をお勧めしています。ご希望の病院に紹介いたします。

インフラ

インフラ

  • 送迎サービス 公共交通機関を利用しての通院が困難な方を対象に送迎サービスを実施しております。送迎サービスは他の方と乗り合いになり、送迎できる範囲には限りがあるためご希望には添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。
    残念ながら送迎サービスを利用された場合、通院での歩く機会を逸するため下肢の筋力が著しく低下し加速的に歩行が困難になります。可能な限りご自身の脚で通院することをお勧めいたします。
  • 夜間透析 仕事の後でも透析治療を受けられるよう月・水・金は22時30分まで開院し、患者さんが充実した社会生活を送れるようお手伝いさせていただいております。
  • 医療連携 聖マリアンナ医科大学病院や川崎市立多摩病院、東京慈恵会医科大学第三病院、新百合ヶ丘総合病院など基幹病院と日頃より連携を取っているため具合の悪い時や入院が必要な時も安心です。

様々な血液浄化療法

  • on-line HDF
  • 長時間血液透析
  • 腹膜透析(PD)
  • 顆粒球吸着療法(G-CAP)

心を込めた医療

心を込めた医療

医療法人社団 登戸クリニックでは、安心・安全な医療の提供を目指しています。
きめ細かな医療の提供とともに、患者さん一人ひとりとのコミュニケーションを大切にして相談しやすくすることで、精神的・身体的な不安を取り除くことが大切であると考えます。そのため当院ではベッド22床の少数制とし、患者さんとコミュニケーションをとりやすいようにしています。透析技術や設備だけではなく、患者さんとスタッフの信頼関係があるからこそ実現できる「心を込めた医療」を目指します。